11月16日に声優界、アニメファンに突然の訃報が入りました。80年代〜90年代のアニメ声優で数々のキャラクターに命を吹き込んでくれた「鶴ひろみ」さんが亡くなられました。

ドキンちゃんやブルマの声優で有名

鶴さんと聞いて思い出すアニメキャラクターは「それいけアンパンマン」のドキンちゃん役を演じ、「ドラゴンボール」のブルマ役で有名です。

僕個人としては、聖闘士星矢のカメレオン座のジュネ役、マーメイドのテティス役も印象に残っています。

共演された声優の方からも「信じられない」との声

鶴さんと一緒に演じてきた声優さんはたくさんいらっしゃいます。なかでも「それいけアンパンマン」のばいきんまん役と「ドラゴンボール」のフリーザ役で有名な中尾隆聖さんや「ドラゴンボール」のブルマの夫のベジータ役を演じた堀川りょうさんも…

「信じられない」

「急なことでショックです」

と発表しています。

僕の中ではブルマ役がとても好きだった

僕の中で「鶴ひろみさんといえばブルマだ!」と思うぐらい、とてもドラゴンボールが好きなので本当にショックです。

日本だけでなく、世界でも大人気の「ドラゴンボール」の物語も主人公の孫悟空とブルマの出会いからスタートします。

アニメの話ですが、ブルマが「ドラゴンボールを7つ集めるとどんな願いも1つだけ叶う」という伝説を悟空に伝えなければ、ドラゴンボールを探す物語はスタートしなかったと思います。悟空にとって1番付き合いが長いのはブルマなんです。「孫くん」と悟空を呼ぶあの声が聞けなくなるのは本当に残念です。

数々のアニメキャラの声優で活躍された鶴ひろみさん、本当にありがとうございました。でも、鶴さんの出演されたアニメはさまざまな形で残り、これからも多くのファンに愛され続けていくはずです。