明日、11月19日(日)渋谷ヒカリエ 9階 ヒカリエホールで開催されるTOKYO SOCIAL FES 2017

今までに体験したことのない福祉の世界。

例えば…

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」

何も見えない真っ暗な世界。暗闇のエキスパート…視覚障がい者のアテンドのもと、視覚以外の感覚を研ぎ澄ましてみませんか?

COGYトライアル」

足が動かなくなって、希望を失いかけている方には、ぜひ足こぎ車いす「COGY」を試して欲しい…そう思います。

「VRによる認知症体験」

日頃、認知症の方と接していると、「何でこんな行動や発言をするのだろう?」と疑問に思ったり、イライラしたり、苦痛でしょうがない毎日を送っていたりする方もいるかもしれません。バーチャルな世界であっても、認知症の方が経験している感覚を少しでも理解することで、今までの認知症に対するマイナスイメージが払拭できるかもしれません。

今の日本の社会には、凝り固まった「福祉」のイメージ、考え方があるように感じます。

ステージプログラム、体験プログラム、ワークショップ、Cafe、Shop…福祉の「今」と「未来」を渋谷で感じてみませんか?

その一部を紹介します。

観て

【ライブ × ダンスパフォーマンス=THE UNIVERSE】

今まで観たことのない、体験したことのないパフォーマンスだと思います。

車いすをダンスの道具として使い、手話でコミュニケーションを取りながらダンスをしたり…それぞれの障害をブレイクスルーして…なんか…カッコイイし、センスがいいパフォーマンス。

TOKYO SOCIAL FES で初お披露目の新作を用意しているとのこと。どんな作品になるか…楽しみですね。

聞いて

【オムツ and モンペからの開放〜 ICT は福祉現場の福音か〜】

排泄予告ウェアラブル「DFree」と保護者とのコミュニケーションを深めるアプリ「Kidsly」を開発した、介護と保育の現場に革命を起こしつつある若き二人のトークセッション。

感じて

【NO LIMIT CHALLENGE】

東京パラリンピックに向けての体験プログラム「NO LIMIT CHALLENGE」。

今回は、多くのアスリートの義足を作り、切断者スポーツクラブ ヘルスエンジェルスを主宰している義肢装具士 臼井二美男さんや、Eテレで日曜日19:00に放送されているバリバラMCであり、パラリンピアンでもある大西瞳選手らをゲストに迎えてのプログラムとなります。

パラスポーツを現役アスリートからの、また、義足や車いすなど競技用具製作のスペシャリストからの視点で…。わたしたちがまだまだ知らないパラリンピックの魅力を知るチャンスかもしれません。

凝り固まった福祉のイメージからの脱却、「型にはまらない福祉」にすることで、マイノリティが生きやすい世界に一歩近づくのではないか…そう思います。

ぜひ、東京・渋谷ヒカリエで、最先端の福祉、体験しませんか?

【TOKYO SOCIAL FES 2017】

平成29年11月19日(日)11:00〜18:00

渋谷ヒカリエ 9階 ヒカリエホール A B

(東京都渋谷区渋谷2-21-1)

入場無料・事前申し込み不要

(一部コンテンツを除く)

via:TOKYO SOCIAL FES 2017 公式HP