格闘技ファンの方は選手入場から試合、そして勝利者マイクパフォーマンスといったシーンをたくさん観たいのです。10月15日に総合格闘技「RIZIN」が放送されました。後半から生中継になりましたが、選手入場のシーンでCMに入ったり、マイクパフォーマンス中にCMに入ったりと格闘技ファンから見て、ちょっと残念でした。

格闘技は選手入場からが大事!

格闘技はプロレスやボクシング、総合格闘技とたくさんありますが、大体始まりはこのような感じです。

1・リングアナウンサーが「○○選手の入場です!」とコール!

2・選手のテーマ曲が流れる

3・選手が入場してきて会場が盛り上がる

4・選手がリングインしてスポットが当てられる

といった感じで、選手の入場シーンはとても重要でカッコイイんです。

入場シーンでCMが入った

10月15日の総合格闘技「RIZIN」で、終盤のセミファイナル第15試合とメインイベント第16試合の2試合は生放送でした。

メインイベントは女子MMAトーナメント1回戦、「RENAーアンディ・ウィン」の試合で、先にアンディ・ウィン選手が入場してきました。すると入場ゲートが開いた瞬間にCMが入りました。

テレビで観戦していたファンの方も…

「え?ここでCMなの?」

というツイートがたくさんあって、しかも今や女子総合格闘技で人気上昇中のRENA選手の入場シーンにもCMが入りました。これには…

「ちょっと勘弁してよ…。RENAの入場シーンは大事だよ…」

と思いました。

RENA選手のマイクパフォーマンス中にもCMが…

試合はRENA選手が左ボディーフックで勝利!そしてRENA選手のマイクパフォーマンスが始まりました。

「なんとかKOで勝つことができました!年末の試合は必ず優勝するので男の中の男たち、女の中の女たち、見に来いや!」

と会場を盛り上げる大パフォーマンスを見せてくれたRENA選手。しかし、まだマイクを握っていたので…

「まだ何かあるのかな?」

とおもったらなんとCMが…(泣)

僕はすごく格闘技、主にプロレスが好きで深夜に「ワールドプロレスリング」が放送していますが、録画放送なので編集やCMの入れ方に何も問題なくテレビで試合が楽しめます。

今回のRIZINは生中継ということもあって格闘技中継のCMの入れ方に疑問の声が上がり、もうちょっとファンが納得できるようにならないものかな?と思いました。

テレビ局はスポンサーなどの関係で色々な事情があり、CMを入れるのも大事なことだと思います。ですが、格闘技ファンの方が楽しめるように、そして選手がテレビで一躍注目できるような迫力あるテレビ中継を望みます!

via:RIZIN FIGHTING FEDERATION(ライジン オフィシャルサイト)