今日、8月1日は水の日。猛暑が続く今年の夏、水分補給はとても大切です。熱中症を発症してから飲む前に、効果的な水分の補給方法をおさらいしましょう。

一度にガブガブ飲まない

水分の補給で重要なことは、少しずつマメに飲むということ。喉が渇くとつい、一気に大量の水をゴクゴク飲んでしまいがちです。もちろん、極端に水分が不足している状態なら、ある程度多くの水を飲むことは重要です。でも一気に飲んでもその水がすべて吸収されるわけではありません。1日で必要とされる水分は成人で2リットルから2.5リットル。その中から実際に体内に取り込まれる水分は1リットル前後とされています。

喉が渇いてしまってからでは遅いくらい

サッカーの試合など見ていると、選手が頻繁に水を飲んでいます。あれはもちろん喉が渇いているのですが、まだ飲まなくても大丈夫、なくらいのタイミングで選手は意識的に頻繁に飲んでいるのです。体内に吸収されるには少し時間がかかるため、喉が完全に渇いてしまってから飲んでも遅いからです。プレーのパフォーマンスも落ちてしまいます。

塩分の重要性

でも、水だけ飲んでいると体内の塩分濃度が下がってしまい、逆に熱中症の症状が出やすくなってしまいます。1リットルの水に1グラムの塩分を目安に、水分と塩分のこまめな補給をこころがけ、猛暑が続く今年の夏を乗り切りましょう。

上手に水分を補給するには?水分補給のコツ|水|healthクリック上手な水分補給のコツは、一度にがばがばと大量の水を飲むのではなく、こまめに摂ること。また、噛むようにして飲み込むのがいい。朝起きた時やお風呂の前後などに飲むようにしましょう。www.health.ne.jp

via:healthクリック

via:熱中症ゼロへ