早いもので7月。2016年も下半期に突入です。この度、厚生労働省による平成27年度「過労死等の労災補償状況」が公表されました。

過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の状況について、労災請求件数や「業務上疾病」と認定し労災保険給付を決定した支給決定件数などを年1回取りまとめている。

2015年における、脳・心臓疾患に関する労災補償の請求件数は795件。うち労災認定は251件となっています。そして気になるのが精神障害に関する労災補償。請求件数はなんと過去最多の1,515件だったそうです。うち労災認定472件。30代、40代で6割を占めたのだとか。

長時間労働や仕事のストレスを原因とした精神的ストレス。労災認定された人の9割が月に80時間以上の残業をしていたと言います。年々急増する「心の病」。
あなたは適度な息抜きができていますか?

精神障害の労災請求が過去最多に | マイナビニュース厚生労働省は6月24日、平成27年度「過労死等の労災補償状況」を公表した。bit.ly

via:マイナビニュース