電動車椅子に、革命が起こるのかもしれない。

電動車いすや搭乗型移動支援ロボットに衝突回避自動ブレーキシステムなどの「自動運転」機能を採用する動きが広がりつつある。東京五輪・パラリンピックが開かれ、これら「パーソナルモビリティ」の普及が期待される2020年までに実用化を目指す。この分野では各社がこぞって参入しており、激しい競争が予想される。安全性など機能面で差別化し、国内外から注目を集めたい考えだ。

確実に、技術は進歩し、無限の可能性を秘め始めている。
事のきっかけが東京五輪・パラリンピックの国内開催ということもあり、かなり力が入れられていくのではないだろうか。

政府は20年までに成田空港や羽田空港にロボットなどを多数導入した「ショーケース」を設ける構想を持つ。次世代電動いすや移動支援型ロボットも対象となる見込みだ。ロボット特区が全国各地で設置されつつある中でも、「空の玄関」である空港は訪れる人が桁違いに多く、そこでの体験が訪日客に深い印象を与えることから、ショーケースの「一等地」と位置づけられている。

今の所、公道での利用は許可されていないようだが、この第一歩はとても大きな一歩だと思う。このような進歩が、東京五輪・パラリンピック後に失速せず、前へ前へと進んでいってほしい。自動車メーカーSUBARUの運転支援システム「アイサイト」をはじめとるする、自動ブレーキなど先進安全技術を搭載した車いす。これからの普及に期待です。

車いす・パーソナルモビリティーも自動運転へ電動車いすや搭乗型移動支援ロボットに衝突回避自動ブレーキシステムなどの「自動運転」機能を採用する動きが広がりつつある。東京五輪・パラリンピックが開かれ、これら「パーソナルモビリティ」の普及が期待されnewswitch.jp