fbpx
2020/08/10:フリーペーパーvol.53発刊!

エアコンの試運転はお済みですか?今年も各電気メーカーが早めの呼びかけ

本格的夏の到来を前に、早めの試運転でエアコンの動作チェック!

早くも夏のような日差しの日々が増え始めたこちら鹿児島県。全国的にも30度を越える日が出てくる地域も増えてきました。今年も各電機メーカーや家電ショップから「早めのエアコン試運転」が呼びかけられています。

毎年エアコンを本格的に使い始める暑い時期は、修理や点検の依頼が集中する傾向にあります。暑くなってからそれらの依頼をすると、戻ってくるのに時間がかかってしまいます。熱中症が警鐘されることが多くなった昨今の日本の夏、エアコン無しの生活は危険です。簡単な作業なので、熱くなる前にやってしまいましょう。

意外と簡単な方法とチェックすべき点

シャープのホームページによると、「冷房の設定温度を最低温度(16〜18°)に設定し、約10分間の試運転を行う」だそうです。この試運転の中で、電源がちゃんと入るかどうか、エアコンが風が出るか、またちゃんと効いているか、臭いがするかなど、正常に運転するかどうか確認してみましょう。

詳しくは以下のリンクから「【エアコンのチェックポイント】」の項目を見ながら確認してみましょう。

夏本番に備えて、エアコンのおためし運転をおこないませんか?│エアコン│サポート・お問い合わせ:シャープ
https://jp.sharp/support/air_con/doc/trial_check.html

「エアコンの風が臭う!?」そんなときの対策

問題なく動いた場合は、今年の夏もとりあえず安心でしょう。ここからは更に快適にエアコンを動かすためのひと手間。普段使っていてエアコンからの臭いが気になる方、内部クリーンをしたのにまだ臭ってくるなど・・・コレに関して調べてみると・・・

「窓を開け、冷房の設定温度最低温度(16〜18°)にして1時間つけっぱなしにしておくと、臭いがしなくなる。」

というモノがいくつか挙がってきます。そのうちの参照サイトを一つ。

冷房18℃(最低温度)で1時間。エアコンの耐え難い臭いが消えた!内部クリーン運転にも効果あり|スーログ
https://blog.skeg.jp/archives/2018/07/aircon18-smell-clean.html

なぜ、コレで臭いが解消されるのかというと

「冷房を最低温度で運転させることで、エアコン内部に付着している臭いの原因となっている成分が結露水に溶け込み洗い流される」

という仕組み。しかし記事の追記事項には「1週間後には臭いが復活してきた」ということなので、臭いの根本を断つには、業者に依頼して内部クリーニングをしっかりやってもらう必要があるかもしれません。

その他に、冷房を使ったあとに「送風」を定期的に行うことでエアコン内部が乾燥し、カビの発生を防ぐ(=臭いの素を防ぐ)という方法もあるようです。

全国的に5月の時点ですでに30°を超える地域もちらほら見られました。今年の夏も厳しい日々が続くのではないでしょうか?今年はコロナの影響もあり、外出を自粛して屋内で過ごす時間が増える夏になりそうな予感がします。そんな屋内の夏を安全に快適に過ごすためにも、エアコンの試運転で問題なく動くかどうか早めの確認をおすすめします。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。