fbpx
2020/03/10:フリーペーパーvol.48発刊!

中止になる就活イベント対策 「障害学生のためのオンライン企業説明会」

「障害学生のためのオンライン企業説明会」を無償提供

2020年2月25日、新型コロナウイルス感染症対策本部から10ページにわたる基本方針が示されました。イベントなどの開催については、感染拡大防止の観点から検討するよう要請するとの文面があります。この方針が示されてから、中止や延期になっている就活イベントが多いです。就職活動中の学生たちは不安な毎日を過ごしていることと思います。

今回紹介するのは「障害学生のためのオンライン企業説明会」を無償提供するという話題。発達障害などで生きづらさを感じている若者の就職支援を行っている大阪の株式会社エンカレッジが提案しています。3月18日(水)から開始しているようです。

オンライン企業説明会にはどんな企業が参加するの?

どんな企業が参加するか気になりますよね。今、決定しているのは、パナソニックと島津製作所、JTBグループ、積水ハウス、ソニー希望・光、日本アイ・ビー・エムになります。

オンライン説明会 近日中の予定

3/25 (水)14:00~ JTBグループ
3/27 (金)14:00~ 日本アイ・ビー・エム株式会社
4/2   (水)14:00~ パナソニック株式会社
4/7   (火)14:00~ 積水ハウス

※ソニー希望・光については、日程を調整中のようです。
ちなみに、一度オンライン企業説明会に参加された方には、メールにて最新情報が送られてきます。今後、説明会の開催が難しい企業が増えてくることが予想されるので、チェックしていたほうがよさそうですね。

参加対象は?

今回開催される「障害学生のためのオンライン企業説明会」は、2021年卒業予定の学部生、大学院生で、障害者雇用での就職を希望している方が対象となります。また、障害をもっている学生の支援を行っている、大学の障害学生支援室やキャリアセンターのスタッフの参加も大丈夫とのことです。

就活イベント開催中止をプラスに

就活イベントの開催中止。この事実をマイナスにとってしまいがちですが、見方を変えればプラスにもとれるのではないでしょうか?

どこでも企業説明会が聞ける

通常、企業説明会には会場に足を運ぶことが必要となります。いっぱい人が集まる場所が苦手、という方も多いのではないでしょうか? 今回は会場での説明会が難しいというシチュエーション。オンラインでの説明会なので、自宅や学校など自分の落ち着ける場所で聞けるのはプラスにとれるのではないかと思います。

支援してくれるスタッフとともに

エンカレッジが提案する「障害学生のためのオンライン企業説明会」は、学生しか参加できないわけではありません。日頃支援している方の参加も大丈夫とうたっています。ということは、一緒に相談しながら企業の説明を聞けるということになります。企業説明会の会場では難しい、相談しながらの参加が可能になるのです。これもオンラインだからこそ。プラス要素になると思います。

自由がきく企業説明会

申し込みは開催当日12:00までと自由がきく「障害学生のためのオンライン企業説明会」。参加はオンライン会議システム「Zoom」を活用するようです。参加費は、4月30日までは無料となります。この説明会の形態が、合う合わない、あるかもしれません。でも、一度試してみる価値はあるのではないかと思います。少しでも興味を持った方は参加してみてはいかがですか? 社会や気持ちがどんよりしている中、一筋の光が差し込むかもしれません。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。