fbpx
2018.10.10:フリーペーパーVol.31発刊!

好きも、愛しているも、結局、君も消えた。

好きだとか
愛しているだとか
そんなチープな言葉で
恋人に何を語っていたのだろう

声で伝えられたその台詞は
一緒に居なくなれば
聞こえなくなってしまう

文字で綴られたその台詞は
一緒に居なくなれば
意味もないのに残ってしまう

何だか薄っぺらい

今ここに書いてある言葉も
そうしていつか語られる言葉も
ひとつひとつ
それ以上も以下もない

時に言葉は残酷だ

そうして
どうしようもなく
伝えきれない
そんな歯痒さに蝕まれ

どうあれば、
もっと君と、

結局
もう会うことは
無いだろう恋人へ

何も分からないままに
「好きでした」も
「愛していました」も
その想いの深さは伝えきれなくて

枯れていく情
腐っていく情

こんな言葉は
何を語っているのだろう