fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

中古ゲームソフトのプロダクトコードは使えないことも!

前の所有者がコードを使っていたら、そのコードは使えない!

休日はよくPS4やニンテンドースイッチで遊んでいます。どちらもソフトは名作ばかりで、高画質で迫力があり楽しいです。しかし、ゲームソフトのケースに入っている「プロダクトコード」を入力しないとプレイできないゲームや特典があることを初めて知りました。

「ロックマン クラシックスコレクション 1+2」でのこと

CAPCOMから発売されている今でも大人気アクションゲーム「ロックマン クラシックスコレクション  1+2」を買ったときのことです。僕はロックマンシリーズが大好きで「懐かしいなぁ」という気持ちでスイッチ専用のソフトを中古で買いました。

 プロダクトコードを入力しないと遊べない!

今回スイッチ版で購入した「ロックマン クラシックスコレクション1+2」は1から10までのナンバリングタイトルが全収録されていてお得です。

なんと7から10までがダウンロードしないといけないこと

これが1番ビックリしたことで、ソフトのケースを開けると小さなカートリッジが1個入っていました。
「この小さなカートリッジに全部収録しているのか〜」
と思い、スイッチ本体に差し込んだらゲームはできました。

が!!!

1から6までしか収録されてないのです(汗)。
「あれ?ロックマン7、8、9、10はどーやって遊ぶんだ??」
と悩んでいました。するとソフトのパッケージの中身に「プロダクトコード」という暗号キーの紙が入っていました。なんと、このキーをスイッチオンラインに入力しないと7〜10の4作品が遊べないのです。

ダウンロードなのでネット環境がないといけないですし、ネットが繋がっていないとソフトを買っても1〜6までしか遊べない状態になります。ロックマンだけではなく、他のソフトでもプロダクトコードを入力して遊ぶゲームがたくさんあるのです。

あとは予約特典などをもらうことにも、プロダクトコードを使うこともあります。

中古ソフトだとコードが使えないことが多い

僕がロックマンを購入したのは中古ソフトです。プロダクトコードの意味を知り、スイッチ本体に早速入力しました。

が!!!

前の所有者さんがそのプロダクトコードを使っていたので、そのコードは使えないことが判明(泣)。
このようにプロダクトコードや暗号キーは「新品を買ってくれた人へのコード」でもあるということなのです。

中古ソフトでキーが使えたらラッキー!

中古ソフトで買って、中に入っているプロダクトキコードはほとんど使えないものと思っていてください。もし使えたら、前の所有者が使っていないということなので超ラッキーと思っていいでしょう。

結局プロダクトコードが使えなく、ロックマンが遊べなかった僕はすぐゲームショップに売りに行きました。なにか損した気分になりましたが、ちょっと勉強にもなったと前向きに考えるべきかなと。

最近のゲームってコード入力とかダウンロードとか、インターネットに繋げたほうがよりゲームを楽しめる時代になったのですね(笑)