7月30・31日に幕張メッセにて行われた、GLAYファンクラブ発足20周年記念LIVEに行ってきました。
鹿児島に帰ってきてちょっと幕張ロスなここ数日、興奮冷めやらぬうちにライブレポです!

GLAYがファンクラブ「HAPPY SWING」発足20周年記念ライブ「HAPPY SWING 20th Anniversary SPECIAL LIVE ~We▽Happy Swing~ Vol.2」を、昨日7月30日と本日31日に千葉・幕張メッセ国際展示場1~3ホールにて実施した。

私にとっても、今夏の一大イベント!!ということで、気合い十分で挑みました☆

LIVE会場の隣では、毎年恒例のLiB CafeというGLAYカフェも催され、映像・展示ブース(有料)や飲食ブースなどがあり、飲食ブースでは北海道の産物を使ったお弁当やメンバープロデュースのドリンクなどが販売されていました。

ものすごい人だらけでしたが、何か一つは食べたい!と思い、購入するために並んだのですが、時間オーバーとなり購入することは出来ませんでした。

その際に、障がい者優先枠としてグッズは優先的に購入出来るので、少し図々しいかとは思ったのですが(笑)、飲食もそういった枠があるのではないかと思いスタッフの方に尋ねたところ、そこは「皆さんと同じように並んでください。」とのことでした(;^ω^)残念。

でも、仕方ないですね☆

ヅラードーナツも販売。動物の顔型ドーナツでおなじみの「イクミママのどうぶつドーナツ」がなんとGLAYバージョンで登場。GLAYバージョンといっても「このミスターポポ的なキャラクターはなんだ?!」と思っているそこのあなた(笑)ズラーさんはGLAYのマスコットキャラクターで、レコーディング中のTERUさんの落書きから誕生したキャラなのです!

今回は指定席ではなくブロック指定だったため、車いす席の中でも少しでもいい席を確保するために開演の1時間前には入ろうと決めていました。

といっても、車いす席はいつもブロック指定みたいなものなんですが(笑)

車いすユーザーの入場は一般の方と違うところから入ります。退場の際も「入場と同じ道を通る人」、「裏道のようなところを通る人」と二手に分かれての退場でした。

私は裏道からの案内をされたので、舞台設営の方などが寛いでいらして、あわよくばメンバーが通らないかなと思ったのですが、流石にそれはありませんでした(笑)

肝心の車いす席ですが、ステージから一番端の一番後ろ。

後ろといっても、ものすごく大きな体育館のような会場だったため、位置的には会場全体の一角が車いすスペースになっていて、その横に普通のブロック席もありました。ということで、完全に後ろというわけではなく、全体から見ると真ん中辺りになるのかもしれません!

 

健常者の方の胸辺りまである台が用意されていて、スロープを登って上がる仕組みでした。

車いすだけでも頑張れば100台は入れそうなスペースに驚き!この車いすスペースに、事前連絡している人は前の方で観賞、事前連絡をしていなかった人は真ん中より後ろの方で鑑賞するという形でした。

個人的に一つ気になったのが、車いす席の前に普通のブロックがあり、その更に前に関係者ブロックがあったのです。

つい、20年間のファンクラブイベントなのに関係者席が前なのか…と思ってしまったのですが、そう思ったのは私だけではないはず。きっと(笑)

そしてLIVE中に発表されたのが10年後のライブについて!10年後、ベネチアのサンマルコ広場で30周年記念LIVEをするというTERUさんの夢☆

その時、行くか行かないかの選択よりも、ベネチアのバリアフリー事情はどうなってるの?!と、一番に思ってしまった私は、10年かけて貯金とベネチアについて調べて行こうと思いました(笑)

それにしても、隣の会場は関ジャニ∞さんがLIVEだったらしく入り口間違えそうにもなるなどハラハラどきどき、とにかく楽しい幕張daysなのでした。

近くの駅もそれぞれのファンの数で大変なことになっていて、駅員さんも若干ピリピリモード(´ε`;)
なにはともあれ、これでまた日常の生活を頑張れます!

10年先は少し遠いので、次のツアーに(勝手に)期待!

ベネチアのバリアフリー情報、お待ちしています(笑)

10年後はヴェネツィア!? GLAY、ファンに感謝と夢を伝えたFC20周年ライブ – 音楽ナタリーGLAYがファンクラブ「HAPPY SWING」発足20周年記念ライブ「HAPPY SWING 20th Anniversary SPECIAL LIVE ~We▽Happy Swing~ Vol.2」を、昨日7月30日…natalie.mu

via:音楽ナタリー