2018.5.10:フリーペーパーVol.26発刊!

セールスマンや路上販売員の言葉に惑わされない簡単な逃れ方

みなさんは、セールスマンや路上にいる販売員などから強制的な言葉を受けるなど、嫌な目に遭った経験はありませんか?

私も何回か遭い、断りづらい気疲れな感じを受けた今日この頃です。
人が放つ言葉を断ると誰でも嫌な感じを受け、気が疲れてしまいます。

そこで今回、セールスマンなどの販売員の言葉に惑わされない、簡単な逃れ方関連の紹介をしたいと思います。

販売員の手口

販売員の話を聞いていると、強制的な言葉を放っている感じを受けることがあります。それは、私たちに迷惑行為を行ってでも商品を売りつけようとしているからです。強制的な言葉を放つ行為は、私たちの思いを無視した尋常極まりない行為となります。

販売員が最後に、「考えておいて下さい」という言葉は、商品を売りやすくするための作戦です。私たちに迷惑を与えるのを十分に承知してでの行為をしているので、断られやすいです。

しかし、「考えておいて下さい」と言って日にちを置くことで、売りやすくなります。会話していた時は、「迷惑だから、早く帰ってくれないかな…」と思っていたが、日時が経つに連れ必要以上に考えてしまい、結果的に「便利かも知れないから、買ってみようか!」という考えに陥り購入してしまうのです。

販売員から簡単に逃れる方法

方法としては、会話をした当時に受けた嫌な感じを信じ続ける方法と、知人や家族などに相談する方法があります。

販売員の会話時に強制的な口調を感じた時点で、勇気を出してハッキリとしつこく断わることで逃れることができます。

断りきれなくても、知人や家族やに当時の会話内容を話して意見を聞くことにより、考えすぎて濁った筋違いな決断を正すことができます。

まとめ

昔は、暴力や暴言を放つ「押し売り」という形で商品を売っていました。パワハラ問題が取り上げられている今では、人の心理を利用したセールスが目につきます。暴言などのパワハラが減ってきているのは、私も含めて非常に有り難く思っていますが、逆に非常に騙されやすい環境ともなっています。

この記事で書いた方法は日常会話や会社などでも応用できるので、みなさんの手助けになることを祈っております。