関東も梅雨明けし、本格的な夏ですね!暑いのは大変ですが、素晴らしいお陽さまと青空!家の中にこもっているのは勿体無い。

ということで、皆さんは今年の夏は旅行などの計画はありますか?私は旅行が大好きで、年に1回は旅に出ていますが、車いすでの旅行計画は結構大変なんです。車いすユーザーにとって旅行の際に一番悩むのが「ホテル探し」です。

>>バリアフリー対応のホテルを見てみる<<

最近では、ほとんどのホテルに一つはあるバリアフリールーム、ユニバーサルルームといった、障がい者に優しい部屋。しかし、障がいの状態によっては使いにくい部屋もあり、逆に普通の部屋のほうが使やすかったりすることもあるんです。値段も割高ですし、予算の都合もありますよね。

Twitterでも、バリアフリールームを利用した方や満室で利用できない…と嘆いている車椅子ユーザーの声も多いようですね。

それに、バリアフリールームやユニバーサルルームがあったとしても、数自体が少ないので先に予約が入っていたら泣く泣く断念しなければなりません。

車いすユーザーにとっては、こういった旅行の際の事前準備が必要なため、泊まりたいホテルをまずいくつかピックアップして、一つ一つ“車いす利用が可能かどうか”電話して聞くしか方法がありません

個人的にはせっかくHPがあるので、そこにもう少し詳しく写真や説明など載せて欲しいと思っています。実は某有名宿泊サイトでも、「車椅子可」と掲載してあったのにいざ足を運んでみると使用できなかったり、「車椅子可」の記載はないのに普通に利用できたりと、曖昧な部分もあったりするんです。

もしくは、バリアフリールーム、ユニバーサルルーム専門の検索サイトなどもあったら便利ですね!その際はぜひ、鹿児島県内の色々なホテルに出向いてお手伝いしたいです!!

と脱線しましたが、こんな記事を見付けました。

神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)は13日、本館19階の全客室28室の改装を終えたと発表した。16日から利用を始める。投資額は約1億5千万円。今後5年間で全客室数の半数近くに相当する本館の316室を改装する計画だ。改装を機に19階を「リニューアルスーペリアフロア」と名付け、記念宿泊プランを設定した。半数以上の客室には浴室にガラス張りのブースを設け、全客室に貴重品を保管するセーフティーボックスを設置した。4室は車椅子の宿泊客も利用しやすいように入り口を広くして、浴室を引き戸にしている。

ガラス張りの浴室なんて!(*ノェノ) キャーな感じですが(笑)ぜひぜひ利用してみたい!!しかも、4室も設けて下さったなんてそれだけで感謝でいっぱいになります。

記念宿泊プランは来年3月末まで。料金は朝食付き1人1万円から(税・サービス料込み)。フランスの化粧品メーカー「ロクシタン」のバスグッズが付く。

しかもバスグッズは「ロクシタン」。女性ユーザーとしては、ますます行きたくなる要素の一つです!こういった車椅子ユーザーに優しいホテルがもっと全国に広がることを願います!

via:神戸新聞NEXT