以前、ここHIFUMIYO TIMESでも取り上げた、ダイソーの216円のイヤホン。

「ダイソー恐るべし!216円のイヤホンが3万円の音質に!」
https://1234times.jp/article_22598.html

こちらは様々なところで多くの反響がありました。

今回は、先日ダイソーにて買い物をしている時に見つけて購入しました、「リモコンマイク付きのイヤホン(216円)」を紹介します。
マイク付きのイヤホンは100円のモノは以前からありましたが、200円台のタイプは初めて見たので、上記の記事で紹介しているイヤホン並のクオリティを期待しつつ購入しまいました。
マイク無しのタイプは、今でもよく使っているのですが、果たして今回紹介する方のイヤホンの実力は・・・?

早速開封してみましょう。

こちらがパッケージ写真です。
カラーは現状では白のみのようです。
dsc_0119早速開封してみました。
イヤホンのタイプは、現在主流のカナルタイプで、ケーブルの長さは1.2m、普段使いには申し分ない長さです。
dsc_0131ちょっと写真では分かりづらかったので、大体の位地をこちらで描きましたが、イヤホンの左右を表示する「L R」の表記が付いています。
個人的にはこの表示は結構ありがたいです。
dsc_0126

リモコンのボタン機能の紹介

リモコンは、写真のとおりボタン1つのみです。
ボタンの機能は以下の通り

1回押し:音楽の再生と停止、着信時の応答と終話
2回押し:前の曲に戻る
3回押し:次の曲へ進む

と言った感じで、ある程度の操作がボタンのみで可能です。

早速聴いてみました。

216円ということを考えると、なかなかクリアな音質で音楽を楽しめます。
しかし細かい所を言うと、音の出力が低いです。
そのため、いつも以上にボリュームを上げないといけません。
他にも、音が左右に寄りすぎている印象があります。
そのためか、本来中間あたりから聴こえてくる音が聞き取りづらい事と、低音の効きが弱めなこともあり、全体的にスカスカした音の印象を受けました。
曲によってはこの音質のおかげで、生々しい音に聴こえるモノもあります。
個人的には嫌いではありませんが、一般的にはあまり良い音質と言えないちょっとクセが強い音なので、普段使いにするにはちょっと厳しいように感じます。

一言で言えば「チープな音」で片付けられてしまう音かもしれません。
けれど、個人的にはそれではなんだかもったいないような気がします。

マイクで喋ってみました。

dsc_0138前項の通り、普段使いにはちょっと厳しい、クセのある音質だったので、マイク音質にもそこまで期待がもてませんでした。
がしかし、マイクに関してはイヤホンと違い、値段以上のクオリティを発揮してくれました。
216円にしては、とてもクリアで聞き取りやすい音質で、これには驚き。
音もちゃんと拾い、聞き取りづらさもありませんでした。

今回紹介してきました、ダイソー¥216「リモコンマイク付きイヤホン」を総評しますと、「普段音楽を聴く」ということにはあまり向いていないクオリティの音質なので、そういう使い方はおすすめは出来ません。
しかし、マイクの機能は値段以上の実力があります。
また、リモコン機能もちゃんとつかえるので、ハンズフリーマイクとしては十分使える逸品です。
今回のこの商品は、「通話等に特化した使い方」をする方にオススメです。

最後に、個人的にはリモコン機能に関する簡単な説明書があればとても助かると思いました。