皆さん、今回のブラックフライデーは良いお買い物できましたでしょうか?当日は、そんなことも考えずに「休日だからちょっと買い物にでも・・・」と私も軽い気持ちで出かけてみました。しかし、お店の前は私の購入意欲が下がる程度の大行列・・・

ブラックフライデーの本家アメリカでは、今年のネット上での売上が過去最高を記録したそうです。

ところで「ブラックフライデー」ってなんでしょう?今年になって、急にあちこちで耳にするようになったように感じます。
どうにも「ブラック〜」と付くものには、イマイチ良い印象があまりありません。
何よりまず「黒」という色のイメージに対する印象や、世界規模の株価大暴落、通称「ブラックマンデー」のイメージが強いからです。
しかし、それはそれとして「ブラックフライデー」って何でしょう?

ブラックフライデーのブラックは「黒字」のブラック

アメリカでは、感謝祭の翌日にあたる11月の第4金曜日。この日から年末商戦のセールが始まり、各デパートや商業施設などで、一斉にセールが行われます。
感謝祭の流れでそのまま連休となる人も多く、この週末が年末商戦最大の山場となり、小売業界が黒字なることから「黒字の金曜日」という意味の「ブラックフライデー」となりました。

ちなみに、日本でブラックフライデーを取り入れたのは、関東を中心に店舗展開している家電量販店「ノジマ」や「イオングループ」が2016年にはじめてブラックフライデーに本格的なセールを行いました。

ブラックフライデーの次はサイバーマンデー

ブラックフライデーの休暇中の年末商戦セールで買い物をした次の週の月曜日、今度は家で、職場でネットを使って買い物をする人が急増することから、サイバーマンデーと呼ばれています。
日本でもAmazonなどが、サイバーマンデーに向けて準備や告知を勧めているそうです。

ブラックフライデーの行列で心が折れた私も、この日はいつも以上にオンラインウィンドウショッピングをしてみようかと思ってます。

via:ブラックフライデー (買い物) – Wikipedia

via:サイバーマンデー – Wikipedia