はじめまして、なかむらよしひろです。

ベースの開所記念講演会でお会いさせて頂いた方とは「お久しぶり」ですね!この連載はダイバーシティな社会づくりのきっかけができれば!という思いで寄稿させて頂きます。最初に取り上げていくのは「難病」というテーマ。

難病とは治療が難しく長期的に完治しない病気の事。

僕自身はクローン病を患っていますし、安倍総理は潰瘍性大腸炎を、EXILEのMATSUさんはベーチェット病という免疫系の病気を患っていたりします。TVなどで見る著名人にも難病患者はいるのです。

遠いようで近い、それが難病かもしれません。あなたの周りにもきっといます。どの病気も現段階では完治はしません。症状を抑えるとこができる病気もあれば出来ないものもあります。いずれにしても、病気と共に生活していくのです。

病気でも働ける人はそれなりに自立ができるでしょうが、働けない人はどうすればいいの?という問題や僕らマイノリティから見た社会について、次回以降、皆さんと考えるきっかけを作っていきたいと思います。

それではまた来月!See Ya!!

>「ダイバーシティな社会について考える」の続きはこちらから<