5回目となりました。今回も国はアメリカやロシア、ジャンルもポップロック、メタル、パンク、スカ、ヒップホップなど色々と探してきました。今回も皆さんの何かしらのアンテナに引っかかれば幸いです。個人的に今回一番気に入ったのは「Sorry Sweetheart」でしょうか、あんな感じのスカは初めて聴きました。

Naomi Pop「Naomi Pop」


アメリカはマサチューセッツ出身のポップロックバンド「Naomi Pop」です。基本はキャッチーなポップロックなのですが、決してうまいと言えないヨレた演奏と歌がキャッチーなサウンドに独特の雰囲気が付け加えられ、面白いことになっています。また好き嫌いは別れるかもしれませんが、この何もイジってないそのまま音が人によっては「音質が悪い」と毛嫌いされそうですが、私はこの生っぽい感じの音がお気に入りです。全体的に安っぽい音ですが、たまにはこういうロックもいかがでしょう?

Sorry Sweetheart「86’d From Everything」


アメリカはコロラド州出身のスカパンクバンド「Sorry Sweetheart」です。メロディックパンクにヘヴィメタルな音だったりリズムを取り入れた俗に「イージーコア」と呼ばれるスタイルのバンドの増えてきた今日このごろですが、このバンドのようにスカにヘヴィメタル的なヘヴィなギターやドラムのリズム、叫びを取り入れたバンドは初めて聴きました。ヘヴィとキャッチーさのバランスが絶妙で、トロンボーンの管楽器音がとても新鮮で良いです。
For Year StrongChunk! No, Captain Chunk! のイージーコアバンドや、日本のSNAIL RAMPなどのスカコアバンドにピンと来た方は是非聴いてみてください。

上記の収録曲のミュージックビデオもありましたので合わせてどうぞ。

The Syllabilillists 「Safe & Sound (mixtape)」


このシリーズの第1回目で紹介したイギリスのヒップホップバンド「Ruckus Collective」のMC二人によるヒップホップグループ「The Syllabilillists」です。Ruckus Collective では生バンドによるジャズ・ファンクサウンドのに対して、シンプルで前者とはまた違った雰囲気のサウンドに乗せて歌う二人のラップが楽しめます。シンプルで穏やかなトラックの楽曲が多いのでゆったりと聴けるヒップホップアルバムです。

コチラは現在製作中(?)のアルバムからの1曲です。アップされてから随分経ってるようですが、無事アルバムが発売されるといいですね・・・

Dexirion「Life Projection」


ロシア出身のスラッシュ・メタルバンド「Dexirion」です。スラッシュ・メタルをベースにに2000年以降のヘヴィメタルのサウンドとリズムとインダストリアル・メタル的なシンセサイザーやノイズ音などを機械的な音を取り込みながらも全体として疾走感ある聴きやすい1曲です。現在この1曲のみらしいので、今後が楽しみなバンドです。
MetallicaなどのスラッシュメタルファンからFear Factory等のインダストリアル・メタルファンの方は是非。