fbpx
2018.7.10:フリーペーパーVol.28発刊!

Bandcamp でフラフラひとり音楽世界旅行 ③

第3回です。今回もBandcamp 使ってあっちこっちの世界をぐるぐる回ってみます。詳しい使い方等は以前投稿した記事に記載していますので参考にしながらお楽しみ下さい。

Furiosa「¿Quién Mató al Mundo?」

https://furiosamx.bandcamp.com/album/qui-n-mat-al-mundo

メキシコ出身2人組によるロックバンド「Furiosa」カラッカラに乾ききった砂を噛むようなザリザリとしたギターサウンドが強烈です。そんな乾いた空間で堂々と歌い上げあられる女性ヴォーカルがかっこ良く、スペイン語で歌われているのが日本人の私には新鮮で惹きつけられます。そしてこの砂漠ジャケット、バンドの音をよく表されたジャケットですね。一切水気を感じないサウンド、よく乾いてます。

Candy Jacket Jazz Band

https://candyjacketjazzband.bandcamp.com/

最初聴いた時は「昔のジャズバンドの再発かな?」と思ったのですが、これが最近のバンドで驚きました。ジャズ最初期のスタイルを現代で奏でるアメリカはカリフォルニア州出身の「Candey Jacket Jazz Band」です。演奏スタイルへのこだわりも去ることながら、このアナログ特有のモコっとした温かみのある音質が聴いていてとても心地よいです。また黄色を基調としたシンプルなジャケットも素敵です。

A Week of Sundays「Una Semana de Domingos」

https://aweekofsundays.bandcamp.com/album/una-semana-de-domingos

ジャケットと要所要所に挟み込まれる寸劇トラックがかなりメキシコな雰囲気全開ですが、メキシコではなくドイツ出身のパンクバンド「A Week Of Sundys」。こんな見た目のジャケットですが中身は意外にも質の高い直球なメロディックなパンクロックです。爽やかなメロディに乗せて最初から最後まで駆け抜けます。寸劇トラックがいい箸休めになり各楽曲をより際立たせて一気に聴けてしまうのでいい緩急になってますですね。

via:Bandcamp

https://bandcamp.com/