春です。入学、入社などで新たな一歩を踏み出す方が多い季節です、皆さんおめでとうございます。暖かな気候、空気は穏やかになってきたりとポジティヴな季節のイメージが先行しがちですが、「季節の変わり目で意外に安定しない気候変化や環境変化、その他諸々で心身的にそれどころではない!」とションボリしている人も少ないくないように感じます。現に私もこの時期は、日々体調とのらめっこ状態で戦々恐々としております。そんな春、周囲や雰囲気に合わせて無理に気持ちを上げるのがしんどい、そんな時少しでも寄り添えることが出来るかもしれない・・・そんな楽曲を選んでみました。決して「是非憂鬱な気分になりましょう」ではなく、あくまで世間的な風潮に無理して合わせず「しんどいならしんどい」であらがわなくても良いのではないかということを伝えたいんです。

Ry Cooder 「The Dark End Of Streets」

アメリカを代表するギタリストの一人、Ry Cooder(ライ・クーダー)の代表作「Boomer’s Story」(邦題「流れ者の物語」)からの1曲です。オリジナルははJames Carr(ジェームス・カー)という歌手の曲のカヴァー曲でRy Cooderをはじめ多くのミュージックにカヴァーされている曲です。この曲をインストゥルメンタルで哀愁漂う素晴らしいカヴァーになっています。※スライド・ギターの名手とも歌われた彼のギターが染み渡ります。

※スライド・ギター・・・ギター奏法の一種でスライドバーという棒を指にはめて弦にスライドさせながら弾く奏法です。ブルースなどで良く用いられる奏法です。

Miles Davis / My Funny Valentine

2曲目は数多くのミュージシャンからカヴァーされているジャズスタンダード「My Funny Valentine」です。その中でも今回はジャズを知らなくても名前を聞いたことがある方も好きなくないはず、ジャズ界の帝王Miles Davis(マイルス・デイヴィス) によるカヴァーです。コレを聴く最適な時間は真夜中、ムードのある怪しげなマイルスの独特な音色のトランペットが心地よくさせてくれます。また繊細なメロディを奏でるRed Garland[(レッド・ガーランド)のピアノも聴きどころです。イントロ部分はいつ聴いても引き込まれてしまいます。

Corrosion of Conformity – Stare Too Long

アメリカはノースキャロライナ州出身のヘヴィメタルバンド Corrosion of Conformity (コロージョン・オブ・コンフォーミティ) のブルース曲を紹介します。普段はぶっといグルーヴで豪快なヘヴィメタルを聴かせてくれるこのバンド、たまに演るこういったブルースがグッと来ます。このブルース特有の土臭い雰囲気を堪能してください。渋みを効かせたヴォーカルとギターがシビレます。

 – Tom Traubert’s Blues (Four Sheets to the Wind in Copenhagen)

決して一般的な「上手い」とは違う、唸るようなしゃがれた声で歌い上げられるこの曲、疲れた心にこれでもかと言わんばかりに染み込んできます。「酔いどれ詩人」の異名を持つアメリカを代表するシンガーソングライター Tom Waits(トム・ウェイツ)、アルバム「Small Change」からの代表曲です。自身のレコードセールスが伸び悩んでいる時期、イギリスに渡った時に作られた実に切ない曲です。私自身、弱ってる時に聴くと本当に泣けてくるので大好きな曲なのですが聴くことを控えてます。そのぐらい心の空いた部分にヒョイと入り込んで来るほどに不思議な力を持った曲なので。

少しは落ち着きましたか?さすがに下を向いてばかりいるのも疲れるので、最後はイギリスの伝説のコント集団「Monty Python(モンティ・パイソン)」からコント「魚のダンス」で「気持ちはゲラゲラ」にして終わります。私は殴られるなら沖縄あたりにいそうなカラフルな魚か、もしくは殴られたくないです。

 

YouTubeEnjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the w…www.youtube.com

via:Youtube

スライドギター – Wikipediaja.wikipedia.org

via:Wikipedia「スライド・ギター」

一緒に歌える 洋楽ブログ (FC2) 281. The Dark End of the Street ダーク・…少し懐かしい洋楽を、音楽共有サイトで聴けるようにしました。 歌詞と対訳付きで一緒に歌えます。 英語の練習にも。onemusic1.blog133.fc2.com

via:一緒に歌える洋楽ブログ

身も心も疲れ果てて〜トム・ウェイツ27歳〜|TAP the STORY|TAP the POPTAP the POPは、歌詞や楽曲に秘められた物語をお届けするウェブマガジンです。流行やヒットを超えた力をもつ「本物の音楽」を様々な角度から紹介。素晴らしい音楽体験のきっかけを提供します。www.tapthepop.net

via:TAP the POP 「身も心も疲れ果てて〜トム・ウェイツ27歳〜」