a-ha の名曲「Take On Me」をリコーダーでカヴァーという名の悪ふざけ(?)動画が話題となり、その後もロック、ポップス、ヒップホップにヘヴィメタル、果てはいろんな国歌からヒーリングミュージックまで、あらゆる音楽をリコーダーを中心とした楽器でカヴァーし倒してはYoutube に投稿し続ける投稿者「shittyflute」氏。そんな彼のこれまでに投稿してきた迷カヴァーソングを数々をご賞味ください・・・とは言ったもののどれも珍味なので美味しくは無いです。それと頻繁に音割れを起こしている程度の音質なので試聴の際は十分ご注意下さい。

A HA – TAKE ON ME – SHITTYFLUTED

80’s ポップスの名曲をリコーダーとカズー(ブルースなのでよく使われる楽器で口に加えて声を出して振動・共鳴させて演奏させるもの)で構成されたハチャメチャカヴァー。私もこの曲で初めてこの投稿者を知り、衝撃を受けて以来彼のYoutubeチェンネルをちょくちょくチェックするようになるきっかけとなった曲です。この溢れんばかりの勢いとインパクトにやられてしまいました。バックの原曲が無いと何をやっているのかが全く分からないほどのメチャクチャっぷりには参りました。

FROZEN – LET IT GO – SHITTYFLUTED

「♪レリゴー レリゴー」でお馴染み、日本でも大ヒットを記録した「アナと雪の女王」のテーマ曲「Let It Go」も彼の手にかかれば・・・こちらはカズー中心に構成されたアレンジのようですが、全体的に探り探り演奏してる感じで「ここイケる!」って言うところの勢いあまりっぷりが良いですね。ピー!って鳴っちゃてますし。日本語歌詞で「ありのままの」と歌ってますが、こちらの方がある意味では本家よりも「ありのままの」ような気がしなくもないです。これではMay Jも松たか子も裸足で逃げてしまいます。

NEON GENESIS EVANGELION – OPENING THEME – SHITTYFLUTED

・・・恐らくですが「残酷な天使のテーゼ」だと思うんですきっと。一応タイトルに「新世紀エヴァンゲリオン−オープニングテーマ」と書いてあるので。随分と原曲崩壊してますが演奏してる方はメチャクチャ楽しそうですよね。この曲ではパーカッションまで飛び出してきて随分賑やかにはなっています。勢いありすぎてあふれちゃってる感はここでも健在。

METALLICA – MASTER OF PUPPETS – SHITTYFLUTED

では速くて音数の多いヘヴィメタルになるとどうなるか?ということでMetallicaの名曲も彼の手にかかるとこの通り。とにかく大変そうなのがヒシヒシと伝わってきます。上記の楽曲とは違う「あ、疲れてる」という意味でのヨレと不安定さがなんとも。それにしても静寂なパートがありながらも約8分を吹ききったのには思わず「ご苦労様」の一言。でも原曲が無いと何をやってるのかは相変わらずサッパリですね、個人的にはもう何がなんだか分からないリコーダーソロのところが好きです。

この他にもまだまだたくさんの楽曲が見事なまでにやっつけられています。これが楽しめる人とそうでない人でハッキリ別れるとは思いますが前者に見事選ばれた皆さん、ついでに彼のページへアクセスしてはいかがでしょう?ずっと聴いてると気分が悪くなってきますが(私はこの記事を聴きながら書いてたらクラクラしてきました。)落ち込んだときに聴くとその間だけでもションボリしてる事が多少バカらしくなるかもしれませんよ(?)。それにしてもやってる本人は楽しいんでしょうねぇ。このやりっ放したモノをそのまま世界に発信する暴挙はちょっとうらやましいと感じてしまいます、質の事は置いておいて・・・

最後に

“Shittyflute”

カズー – Wikipediaja.wikipedia.org

via: Wikipedia「カズー」

shittyflute – YouTubeHello i am Shittyflute, on my channel you will find the shittiest flute covers and some kazoo aswell, i am hap…www.youtube.com

via:Youtube「Shittyflute」