2018.4.10:フリーペーパーVol.25発刊!

外国人が歌う日本の歌、日本語の歌 ”その3”

 

3回目となりました。“その1” “その2”と名カヴァーから珍品モノまでいろいろ紹介しています。まだ脳内引き出しに残っていたので、もう少しお付き合いください。今回も滝廉太郎からジブリまでバラエティに飛んでいます。

Scorpions  「Kojo-No-Tsuki(荒城の月)」


ドイツのハードロックバンド Scorpions(スコーピオンズ)による滝廉太郎作曲の曲で、バンドが来日した祭によく歌われる日本のScorpions ファンにはお馴染みの曲です。1978年初来日前に「日本の歌が歌いたい」とバンド側から日本のファンクラブ手紙が届いたことがきっかけで、彼らの楽曲のコード進行を調べた結果、最終的にこの曲がベストな曲と決まりました。にヴォーカル、クラウス・マイネの歌と和の旋律を取り入れたギターが素晴らしく、文句なしの名カヴァーです。

Weezer 「Merikuri(メリクリ)」

アメリカのロックバンドWeezer(ウィーザー)の2008年発表のアルバム「Weezer(通称レッドアルバム)」の日本盤のボーナストラックで収録された日本語カヴァーが日本でもお馴染みの韓国人歌手、Boa(ボア)のヒット曲「メリクリ」 (原曲はもちろん日本語歌詞)を日本語で歌い上げています。決して上手いわけではないのですが、シンプルなアレンジがとても良く出来ていて、違和感なく聴けます。季節感を思いっきり無視してるのはご了承ください。(2017年4月執筆)

Imaginary Flying Machines 「Gake no Ue no Ponyo (崖の上のポニョ)」


今回最後は、スタジオジブリ作品映画の主題歌をヘヴィメタルアレンジでカヴァーされたジブリトリビュートアルバム「Princess Ghibli(プリンセス・ジブリ)」というアルバムからの1曲です。プロジェクト名がスタジオジブリ制作のショートフィルム作品「空想の空飛ぶ機械達」のから名前を拝借しているようです、実際は国内外のヘヴィメタルバンド等が参加しているようです。その中からイタリアのヘヴィメタルバンドDestrage(デストレイジ)と国内外で活躍している日本人歌手Yoko Hallelujah(ヨーコ・ハレルヤ)がカヴァーした「崖の上のポニョ」の」主題歌です。一聴しても何を言ってるか聞き取りにくいですがよーく聴くとちゃんと日本語で歌っています、デスヴォイスで。メタル的カッコ良さと原曲をぶっ壊しながら突っ走る「なんじゃコレ」感が紙一重な曲ですが、私は大好きです。

via:Youtbe

https://www.youtube.com/

via:音楽のおべんきょうφ(..)メモメモ

http://ongakuiroiro.doorblog.jp/archives/36157314.html

via:Amazon

https://www.amazon.co.jp/?tag=hydraamazonav-22&hvadid=176063103303&hvpos=1t1&hvnetw=g&hvrand=5322645393614316671&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=e&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009783&hvtargid=kwd-10573980&ref=pd_sl_7ibq2d37on_e